LOG IN

仮面ライダービルド 第33話『最終兵器エボル』

by maito0801

ついに、エボル誕生(正確には復活)

マスターの満を持して感がたまらないなあ。

そして、内海が完全に割を喰ってる。

策謀家であり、優れた科学者でもあり、キャラ的にも憎めない人ではあるんだけど、難波チルドレンで、小心者で、そして、コレである(涙)

それと、美空とスターク・マスターの攻防は、もう少し見ていたかった。

スタークの姿で(しかもスタークの声で)「美空、久しぶりだな」と言われて“お父さん”と変換しきれずに動揺する美空

そして、変身解除され、“お父さん”の姿になって、思わず駆け寄ろうとする美空。

ここまでマスター=スタークを言葉(事実)だけでしか伝えられてなかった美空。

視聴者からするともう既知のことだけど、娘だからなあ。いざ目の前に現れたら・・・と考えると、戦兎の作戦の唯一の穴は、美空を首相救出作戦に加えたことかもしれない。

今のところ、この騒動の元凶・エボルが強すぎる。

次回予告みると、この鬼畜ぶりがさらにすごいことになるようで・・・

地味にドライバーの音楽に第九メロディが折り込まれているのが、何とも言えない終末感(苦笑)

そういえばローグの音声にはジョーズのオマージュが入ってたな。ビルドの商品は遊び心が詰まりすぎてる(爆)

ささやかな疑問が解決した(爆)これなら、クローズマグマと並んで変身できる。

もっとも次回予告見ると、これが最初で最後になりそうなんだが・・・

パンドラボックスの光の影響を仮面ライダーが受けない

この設定で氷解した玄徳の行動理由。

玄徳だけではなく、桂城巧が“悪魔の科学者”と呼ばれながら、親や正義を大切にする行動をとっていた理由も、これで説明がついたことになりそう(細かいところ突くと引っかかるところはあるものの・・・)

あと、意見が分かれるのが

エボルドライバーが、戦兎達の基地の、ボトル浄化承知の基盤だったことを、マスター(スターク)は知っていたかどうか。

・知っていた:24時間以内に持ってこいだとか、葛城忍に言及していたことからも、完成をさせるために戦兎を脅していた、という説明はつく。何より戦兎よりもあの基地に熟知していたマスター(スターク)が基盤を知らなかった、というのは考えづらい?

・知らなかった:知らないから探させた。万丈の過去を戦兎達が調べたことを確信したマスター(スターク)は、戦兎が葛城忍の情報を頼りにドライバーを探し出してくれると思ったから、戦兎を脅した。過去、ライダーシステムのUSBの隠し場所をスタークとローグ(玄徳)が掴めていなかったことを見ても、根本的なものについては、マスター(スターク)は知らないケースがある。のどから手が出るほど欲しいドライバーの場所はわかっていなかった。

次回以降明らかになることが・・・あるかな?

OTHER SNAPS